注文住宅(千葉・四街道)の工務店ならフェイバリットホームトップへ ->  家づくりへの情熱

家づくりの想い

家づくりの想い




笑顔で暮す家

syatyousa1.png少年時代・・・


私は、父親が事業をしていたので裕福な家で生まれ育ちました。少年時代は豪華な家に住み、欲しい物はすぐに買ってもらい、何不自由なく過ごしました。


ところが、私が16歳の時でした。父親の会社が倒産。それまで住んでいた家を夜逃げ同然で出なければなりませんでした。無論、父親と一緒に住むことはできず、私と姉と母の3人で、古びたボロボロの借家に逃げるように暮すようになりました。

はっきりいってひどい家でした。トイレは水洗ではなく、自分の部屋もない、すきま風は勿論のこと雨漏りまでしているようなところでした。そこで3人の生活が始まりました。母親がパートに出てもたいしたお金も稼げず、その日暮らすのがやっとでした。当時、私は高校2年生でした。考え方もまだまだ子供だったので、その現実とのギャップについていけず父親を酷く恨みました。


死に物狂いで働く母親の姿や生活のため進学を諦めた姉の姿を見て、私は思ったのです。


「豪華な高級住宅なんていらないから、家族が安心して笑顔で暮せる家が欲しい!」と。


本当に貧乏でした・・・・。
アルバイトをしながら、やっとの思いで高校を卒業しました。心の中ではいつも思っていました。


「もし普通に生活できていたら・・・・もう少し勉強ができるだけのお金があったら・・・・お金持ちじゃなくてもいい。こんな辛い思いをしなくていい、ただそれだけのお金があったら・・・・」

そんな状況の中で芽生えた夢がありました。お金持ちになりたい、成功したいとか、そんな事よりも、


「豪華でなくても家族が笑顔で暮せる家をつくりたい!」「いい家を安くつくりたい!」


幼稚な夢かもしれませんが、そんな夢でした。


夢を叶えるために、高校卒業後大工見習いになりました。修行中は辛いことの連続でしたが、「夢を叶えるため」と自分に言い聞かせ頑張りました。僅かながらの給料を貯め、建築の専門学校に行き、専門的な知識を学びました。

専門学校を卒業した私は、夢を叶えるべく、住宅の仕事を選びました。


時はバブル絶頂期


誰もがマイホームを欲しがり、何千万ものお金をかけて家を建てる人がたくさんいました。好景気に後押しされて3年で82棟の家づくりのお手伝いをさせていただき、お客さんに感謝もされ喜びも感じていたのですが、「豪華でなくても家族が笑顔で暮せる家をつくりたい!」との想いがあったので、何か釈然としないままでした。


バブル崩壊・・・・


住宅の仕事について5年程経った頃です。景気の失速と共に会社の業績も悪化。

そして・・・ 勤めていた住宅会社は倒産。

そんな状況の中、私が担当した何人かのお客さんも住宅ローンを払えず、家を手放さなければならないと聞き、私は愕然としました。

「お客さんのところのお子さんも、昔の私と同じ思いをしているのではないか」と後悔の念に駆られました。


「もう二度と、お客さんにこんな想いをさせてはいけない」

「自分と同じ想いをさせてはならない」

後に、「いい家を安く」この想いを胸に今の会社をつくりました。
いくら「いい家を安く」建てても、身の丈にあった資金計画も含めてのことでなければ、本当の「いい家を安く」ではないということを肝に銘じて。

私は、なぜ家づくりが必要なのか、家づくりがどんなに大切なのかを少しでも多くの人に伝えるよう努力しています。

「豪華な高級住宅や、こだわりの家をつくるのが私の仕事ではありません」

そのような方はどうかよその会社で建ててください。

豪華でなくても家族が幸せに暮らせる家。
そんな家づくりのお手伝いができたらと考えております。
これが、私がいい家を安く売らなくてはならない理由です。

勿論、安ければ良いというものではありません。

あなたが家づくりを本気で考えるなら、お伝えしたいことがあります。


私たちは、四街道市を拠点とし、子育て世代の家づくりを応援しています。ありがたいことに、口コミで噂も広がり、多くの家づくりをお手伝いさせていただいております。
私たちは、定期的に見学会や住宅に係るセミナーを開催しております。


この見学会やセミナーの目的は


「坪単価70万円の家と30万円代の家は何が違うのか?」
「本当のところ、今はいったいいくらで家ができるのか?」
「業者に手を抜かせない現場のポイントは?」
「子育て家族の家づくりの基準とは?」
を示すものです。


決して売り込みのためのものではありません。
なぜなら、家は売り込むものではなく、建てるご家族自身が選択するものだからです。

最後に一つ覚えておいて欲しいことがあります。

フェイバリットホームで家を建ててくださいとは言いません。でも、家づくりで後悔しない為に、知っておいて欲しいことです。それは、3社の現場見学会に参加することです。満足するまで何度も足を運ぶことです。


それも煌びやかに着飾った展示場の家ではなく、実際に人が住む予定の見学会に参加することです。

特に、構造見学会はお薦めです。家づくりは目に見えない部分にこそ、工務店の姿勢がでるものだからです。

でも、「キッチンは食器洗い乾燥機付き」「お風呂にテレビは付いているの?」こんなことは、素人でも分かりますが、「基礎工事の鉄筋のかぶりは取れているのか?」「どのような構造計算の下に設計が行われているのか?」といった専門的なことを見極める事ができるのでしょうか?

正しい見極め方はあります・・・

それは、実際に建築されている現場を見せてもらうことです。


もし、私たちも施工現場を見かけたらアポなしで覗いていってください。
一切隠すとこなく、棟梁が隅から隅までお見せします。

あわせて、その会社の代表や営業マン、監督、職人さんの人柄や見識を認識し、試すことも大切です。

人間の直感くらい正しいものはないですから。
もし、私たちの見学会にいらっしゃってくださったら、歓迎はしますが、絶対に押し売りはしません。
(売り込んで欲しい方は言ってください-笑-)
社員には、押し売りしたらクビだと、はっきり申し伝えてあります。

見学会に参加され、本当に必要な家づくりの知識を手に入れて頂ければ、あなた様の家づくりはきっと成功するでしょう。




大きな夢

名前

宮澤

今すぐ、お問合せ・ご相談はこちらから!

お問合せ・ご相談

注文住宅(千葉・四街道)の工務店ならフェイバリットホームトップへ ->  家づくりへの情熱
小冊子 casacube casacube casacube フェイバリットホームのブログ 千葉の注文住宅
建ナビネット-新築一戸建て注文住宅を建てる,安心住宅保証機構の安心建設会社安心工務店検索情報サイト